未分類

コロナ体験談①3歳の娘がコロナになりました!

どうも!3歳児の母しばづけです(´∀`)

コロナ体験談って、まだかかってない人には結構役に立つんじゃないかなーと思って書き記しておきます_φ(・_・

ちなみに、我が家はまだコロナ真っ最中なので超リアルタイムの体験談を書いていきます!笑

この記事を読むと、

・小さい子どもが居て、実際のコロナ体験談を知れる!

・コロナになった時に何が必要か、事前に準備できる!(つよい)

と、言うわけで

3歳の愛娘がコロナになりました…。

発症は7月31日(日)

朝はいつも通り起き、バナナと牛乳など朝ごはんを食べ、ご機嫌にパパとテレビを観る

朝の片付けがひと段落して、私が抱っこすると…

あれ?熱くね?(・∀・)

パパ!娘ちゃんめっちゃ熱いやん!!!

熱を測ると38.5℃

こりゃいかんと、お布団でゴロゴロ

娘ウトウト…(-_-)zzz

寝れて良かった〜と思ってたら、急に起きて吐く!!!

ひぃ!!!!

(うちの子、今まで吐くことあんまり無かったのでビックリ!)

縦抱きにして様子見る

育児本には30分経ったら様子を見ながらお水を飲ませる(脱水しないように)って書いてあるから試してみる

飲めたー!

からの、リバース!!

だ、だめだー!

これは救急外来に行くかーと考えて熱を測ると…

40℃!!!

これはやばい!

熱の上がり方が半端ねぇ!

と言ってる間に事件は起こりました…

急に奇声を発してブルブル震え出したのです…

なんと、4歳くらいまでの子どもに起こる『熱痙攣』が起こりました…

熱痙攣は短く10〜20秒ほどでしたが、痙攣が終わってから娘はぐったり

唇の色は紫になり、肌も真っ白!

すぐに救急外来に電話をして駆け込みました

病院に着いてからは、症状が重たいからかすぐに診てもらえました

・座薬

・点滴

・血液検査

・肺のレントゲン

・解熱剤の処方

上記の処置をしてもらい、娘は点滴中にウトウト

普段ならママから離れたら泣いちゃう我が子ですが、熱で朦朧として検査で離れても全く泣きませんでした(それが逆に堪える)

点滴の針にも全く泣かず、泣く元気もないんだと切なくなりました…(まじで堪える)

その後、点滴を終えてちょっと回復した我が子はゼリー飲料をちょっとだけチュウチュウ

娘ちゃんが点滴中にパパが大量に買い出ししてくれました(ありがてぇ)

帰りの車では、ひたすらリンゴジュースを欲していました笑

さすがにゴクゴク飲むとやばいかなーと思って、少しづつリンゴジュースを飲みました

結果

吐きました笑

笑って付けてるけど、実際は心配しすぎて母が吐きそうよ笑

救急外来だったためか、コロナの検査もなく次の日念のために小児科にかかって下さい!とのことでした〜

先生に聞いたことのメモ!

低血糖にならない様に、甘いジュースとか本人が飲めそうなものを飲ませる

ご飯は食べれないなら無理に食べなくてオケ

ゼリーとか食べれるものをあげる

脱水と低血糖に気をつける

(病院から帰ってからは家で寝れました。19時頃には少し回復して重湯をパクパク食べました!やったね!)

お役立ちメモ!

小さい子どもは、いつ発熱するか分からん!よって冷えピタ系は家に常備しておこう

病院に行く時は着替えはたくさん持っていこう!3セットくらいあると良き!主に肌着!

さっと羽織りにも使えるタオルがあると体温調整に便利(エアコンの風とか換気の風とかも避けるれるよ)

そして次の日に、私たち家族はコロナの大爆発を目にするのでした…!!

長くなってきたので、続く!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です